英会話 勉強法 教材

音読のための英会話教材続きその1

音読で、英会話を学ぶ際、CDなどに合わせて同じように発音しますが、最初は慣れないので、英会話もたどたどしいと思います。
まずは、スピードになれることが大切です。
CDと同じようなスピード、流れで、発音を中心に音読します。
この勉強法で大事なことは、とにかくスムーズに読めるようにすることです。
スムーズに読めるようになったら、次は、読みながら同時に文章の意味を理解するようにしましょう。
CD教材などのなかには、ネイティブスピーカーが発音した後に、自分が発音する練習時間を空白にして、空けてくれているものも多いです。
このような教材を使うと便利ですし、音読の勉強法としてもやりやすいと思います。
音読は、繰り返し行なうことがポイントです。
ネイティブの発音と同じように発音し、繰り返すことが大事で、同じように発音できるようにしっかり聞き取ることも大事です。
間違った発音を覚えないためにも、聞き取る力が必要とされる勉強法だと思います。
ですから、正確に聞き取れない場合は、先に聞き取りだけ繰り返してみることもおすすめです。
英会話の教材をただ読んでいるだけでは、正しい発音はわかりませんから身につくこともありません。
初心者は特に、正しい発音で読まれているものを聞くことが必要であり、そして、それを繰り返して音読することで、次第に英会話も身についてくることでしょう。
音読という勉強法は、テキストとCDさえあれば、自宅でもどこでも好きなときに勉強することが出来ます。
そして、自分の英会話レベルを知り、ぴったりの教材を選ぶことも大切です。

音読のための英会話教材続きその1関連ページ

音読のための英会話教材続きその2