英会話 勉強法 教材

英会話のシャドーイング続きその1

シャドーイングという勉強法を積んでおくと、実際の英会話をするシーンであっても、相手のスピードに付いていけるようになります。
海外の方は意外と早口な方が多く、スピードの速さに驚かされることもありますからね。
シャドーイングのメリットは、ほかにもたくさんあります。
英語の意味を理解しながら、同時に声に出す勉強法ですから、教材にあるセンテンスの意味をまるごとイメージできるようになることでしょう。
英語は単語ごとに意味を知っていても、長いセンテンスになるとひとつひとつ訳していては、間に合いません。
シャドーイングの勉強法により、文章のまとまりごとに意味をイメージすることが出来るようになります。
また、シャドーイングは英会話のレベルによっても勉強法を分けることができます。
例えば、初級者から、中級の方は、これまで学習した英文をきちんと身につけるためのシャドーイングを行なうとよいでしょう。
完全に理解している英文を、CDなどの教材で聞き取り、それをシャドーイングする勉強法をおすすめします。
発音、イントネーションをネイティブにまねれば、もっとよくなりますし、スピードについていくようにしましょう。
そして、英語を聞きながら、自分が発音するまでの短い間に、英文の意味を瞬時に理解できるようにトレーニングします。
中級以上の方は、テキストを見ずに、シャドーイングを開始します。
録音の機械があれば、自分の発音を録音し、きちんとコピーできているか確認することをおすすめします。

英会話のシャドーイング続きその1関連ページ

英会話のシャドーイング続きその2