英会話 勉強法 教材

英会話教材としてのジョーク

英会話の教材はいろいろなタイプがあります。
リーディング、リスニング、シャドーイングなどがあげられ、勉強法が自分に合っていれば、学習も続けられ英会話も上達することでしょう。
ですが、英会話が本当に上達するということは、普段、海外の方は話しているように話すということではないでしょうか。
相手の言ったことが理解できて、正しい英語で返答できる、これは理想的ですが、さらに、自然にジョークのひとつも言えたほうがよいですよね。
英会話になれるために映画を字幕なしで見るとか、英語のラジオを聴くとか、方法はいろいろありますが、英語のジョークに触れておくこともおすすめです。
外国人のジョークはセンスもありますから、どのようなジョークがウケるのか、センスも磨いておくとよいでしょう。
英会話の教材としても使える、ジョークを使った教材もありますので、それらを読んだり聞いたりすることもおすすめです。
短いセンテンスでしたら、暗記していつでも使えるようにしておくこともよいでしょう。
暗記することも勉強法としては良いものですから、面白いジョークを発見したらどんどん暗記しておきましょう。
だいたいのジョークは相手が言ったことに対して、切り替えの言葉がオチになっているのですが、英語の文法がわからなかったり、単語の意味がわからなかったりすると理解できません。
ですから、英語のジョークを理解できるようになるということは、上級レベルだと思います。
おもしろいジョークを幾つか暗記できたら、英会話に自信も出てくることでしょう。